ブログ|徳重・名古屋芸大駅徒歩2分、北名古屋市鹿田の歯科・歯医者のかわぞえ歯科クリニック

時間 日・祝
9:00-13:00
15:00-20:00
★15:00~18:00
祝日のある週の木曜は診療します

〒481-0004 愛知県北名古屋市鹿田神明附25-1

  • 電話
  • メニュー

歯を失ってしまったときの治療法

2019年5月23日

皆さんこんにちは。

北名古屋市の歯医者「かわぞえ歯科クリニック」です。

歯医者さんは歯を守ることが一つの使命ですが、

今回は歯を失ってしまったときの治療法についてお話させていただきます。

 

むし歯や歯周病などにより、歯を失ってしまうこともあります。

そんなときに歯がない状態のままにしておくと、

他の歯に負担をかけてしまったり

噛み合わせの歯や隣の歯がゆっくりと動いてしまったり

他の歯まで失う原因となってしまうこともあります。

そのため歯がない部分に対して「ブリッジ」「義歯」「インプラント」といった治療を施す必要があります。

それらの治療には利点と欠点があり、患者さん自身に治療法を選んでいただくことが必要です。

「ブリッジ」

利点:保険適応(部位や材料によっては保険が効かないこともあります)

比較的治療期間が短い

隣の歯にしっかりと固定されるので自分の歯と同じような使用感

欠点:隣の歯を削らなければならないこともある

隣の歯に負担をかけてしまうことがある

「義歯」いわゆる入れ歯

利点:保険適応

他の歯を削ることが少ない

適応範囲が広い

欠点:口の中に入れ歯を入れるので異物感がある場合がある

慣れるまで時間がかかることがある

入れ歯をはずして清掃したりする必要がある

「インプラント」

利点:他の歯を削る必要がない

自分の歯と同じように使用できる

他の歯に負担かけない

欠点:保険が効かないため高額になる

歯周病になるリスクを避けるため定期的な清掃が必要

外科手術が必要

治療期間が長期になることがある

骨の状態や全身状態によっては不適応となることがある

 

基本的に皆さんに当てはまることは以上となります。

もしも、もっと詳しく知りたい・自分にはどんな治療法が合っているか相談したい等ありましたら

お気軽にご連絡くださいね。

 
ページトップへ