ブログ|徳重・名古屋芸大駅徒歩2分、北名古屋市鹿田の歯科・歯医者のかわぞえ歯科クリニック

時間 日・祝
9:00-13:00
15:00-20:00
★15:00~18:00
祝日のある週の木曜は診療します

〒481-0004 愛知県北名古屋市鹿田神明附25-1

  • 電話
  • メニュー

お子さんのむし歯治療

2018年5月22日

皆さんこんにちは。

名古屋芸大駅徒歩2分、北名古屋市の歯医者「かわぞえ歯科クリニック」の歯科助手ブログです。
お子様にむし歯ができたら、どんな治療をするかご存知でしょうか?
今回は「お子様のむし歯治療」についてお話できればと思います。

 

むし歯治療の基本

 

乳歯でも永久歯でも、むし歯治療は基本的に同じです。
穴が開くようなむし歯は削り、金属やプラスチックをつめます。むし歯が悪化して神経に届いたら、神経を取る処置をして被せものをします。
金属製のつめものや被せものが体に影響することはほとんどありませんが、まれに金属アレルギーが起こることはあります。気になる症状が起きた場合は、歯科医院でプラスチック製のものに替えてもらいましょう。

 

また、治療中には、お子様のお口にゴムのマスクをかけることがよくあります。
治療中に急に動いてもくちびるや頬などを傷つけたり、銀歯や器具などを誤って飲み込むのを防ぐためです。
ゴムのマスクにはだ液の中の菌が治療中の歯の中に入りにくくする効果もあります。

 

お子様と麻酔

痛みや恐怖感を取り除くために、歯の治療中は局所麻酔をすることがあります。
お子様が小さくても麻酔は安全にできますが、アレルギー体質や投薬中の場合は必ず麻酔をかける前に歯科医院にお伝えください。

 

麻酔をかけて治療した後、くちびるに感覚がなかったりしびれることがあります。くちびるを触ったり噛んだりしやすいので、気を付けて見てあげましょう。くちびるを噛んで腫れてしまったら、かかりつけの歯科医院にご相談ください。

 

乳歯の治療と永久歯の関係

乳歯がむし歯になってつめものや被せものをしても、たいていは乳歯が生え替わる時に一緒に取れるので問題はありません。
ただし、むし歯が悪化して乳歯の神経を抜いてから被せものをすると、将来乳歯が抜ける前に永久歯が横から生えることはあります。その場合には乳歯を抜いてもらいましょう。

 

むし歯で歯を抜いて入れ歯を入れた場合には、定期的に歯科医院で診察してもらい、入れ歯の調整をしてもらいましょう。なお、たいていは問題なく、入れ歯の下から永久歯が生えてきます。

 

お子様も定期的に予防ケアを

6歳頃になると乳歯は永久歯に生え替わり始めます。
むし歯の治療が終わったら、お口の健康を維持できるように、ぜひ定期的にかかりつけの歯科医院に通うようにしましょう。
磨き残した汚れを落としたり、フッ素コートやシーラントなどのケアを受けることで、むし歯の再発を防ぐことができます。

 

小さい頃から予防習慣を身につけておくと、将来も歯やお口の健康を守りやすくなります。
北名古屋市のかわぞえ歯科クリニックでは、お子様1人1人に合わせた治療や予防を行っています。お子様の歯やお口のことでお困りの際には、お気軽にご相談ください。

 

 

医院名 かわぞえ歯科クリニック
所在地 481-0004 愛知県北名古屋市鹿田神明附25-1
電話番号 0568-54-3339
URL
業務内容 歯科
説明 北名古屋市で虫歯・歯周病の治療や、小児歯科・口腔外科・インプラント・矯正治療・予防歯科・ホワイトニングの歯医者ならかわぞえ歯科クリニック。岩倉市からも好アクセスなので岩倉市の方も多く来院しています。
かわぞえ歯科クリニックでは、歯科技工所を併設しており、技工士が常駐しています。
そのため患者様のお口の状態を綿密に打合せし、時には技工士自ら歯の状態をチェックして、機能的にも審美的に優れたセラミック治療をご提供することができることで北名古屋市や岩倉市の方はもちろんのこと、おかげさまで多くの市区町村の方にもご来院いただいております。
 
ページトップへ